読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と手仕事 ときどきゲーム   

昔はお前のような冒険者だったのだが、膝に矢を受けてしまってな...

game others

膝に矢を受けたわけじゃないんだけど膝を三ケ所割ってしまって四つに別れてしまったこの夏。

そのちょっと前、体調不良の日々の中で唯一楽しみにしていた浴衣での花火大会も五十何回中で二度目の台風での不開催ということで、神も仏もありゃしねえぜとすっかりぐれてしまった私は、泥のような目をして通勤していたのだが、その途中で膝を割ってしまったのだ。

 

まあそんなこんなで、上京するんで会いましょうーと言ってくれる友人とやっと会えたんだけどその時彼女が連呼したのが「膝に矢を受けたんですね!」という言葉。

聞いたときRPGのセリフっぽいなあとは思ったんだけど、「いやあそれより一緒に心も割れちゃってさー。そっちの方が重傷でiphoneにしたのに誰とも連絡取ってないんだよ」という話をしていたら「心にも矢が刺さっちゃったんですね」と続ける彼女。

 

頭の中が???でいっぱいになる私。心に矢が刺さるって表現は私の中では、恋に落ちちゃったぜ的なものでしか使わないんだけど、今は違うのかなあなんて考えながらそのまま馬鹿話やら創作話やら仕事話やらいつもの感じで楽しんで ひゃー遊んだ遊んだと帰宅。

 

それからどうも気になって「膝に矢を受けてしまってな...」を検索してみた。

そうしたらでるわでるわ 皆どこの老兵だよって突っ込みたくなるぐらいの検索結果。どうも「The Elder Scrolls V: Skyrim」というゲームの衛兵が話初めに口にするセリフらしい。

 

ゲーマーなら2011年のゲームに対して今更かよ!と思うかもしれないが、私がマイクラの前にやったpcgameは garageである。

リンク先を見ていただければわかるが1999年に発売されたPC用アドベンチャーゲームである。そのあと限定版が2004年に完売している。

ちなみに私がやったのは初期のほうでそれがあまりにも気に入ったので限定版も購入している。(私家版ももう2008年に買うことができなくなった残念)

 

それからdsをちらほらipadでアプリをちらほらやったけどあまりゲームは手を出してなかったのだ。10代の時はあんなにやってたのにね。

 

スカイリムってゲームがあるのも知っていたけど なんかスカイプみたいな名前だなあって思ってただけでまったく知識がなかったのだが、検索してみたら色々面白そうじゃないか



箱庭といっては広すぎるオープンスペースで自由度が高いゲームってのがまずそそる。

ドラクエシリーズをやっていて魔王を倒すはずの勇者をやめてカジノに入り浸ってた実質遊び人だった私は、ミニゲームとかゲームの中で目的なく生活するのが好きである。

 

こんどやってみようかなあ。膝に受けた矢は随分良くなったけど、寒さで痛むから、外出がめんどくさいときとかはこのセリフを呟きながらゲームでもやることにしよう。